明日から作品展

2017年11月22日

敷物いろいろ

裂き織のバッグ。柄がみんな違います。

カード入れ、やっとできました。

明日から、京都のギャラリー「空・鍵屋」さんで、母の参加する作品展が始まります。
私も微力ながら小物を作ったりして、一生懸命準備中です。
今回は、裂き織で、いろいろなものを作ってみました。今までは敷物やコースターなど、織物そのものの作品がほとんどでしたが、今回はバッグや、カード入れなど裂き織り布を使って作ったものを見ていただきたいと思います。つなぎ糸のコートもやっとできました。ボタンをどのようなものにするか迷っていて、ギリギリになってしまいましたが、かわいいガラスのボタンを赤の糸で取り付けたところ、渋い藍のコートがとてもかわいく出来上がりました。
まだまだ準備があるので今日はあまり書けませんが、また様子をお伝えできたら、と思います。

Follow me!

☆この記事をシェアする☆

シェアしていただけると励みになります

カテゴリー

草木染めの魔法つかい SM

草木染めの魔法つかい SM

染織工房&手織物アイテム専門店「草木の色と水の彩」店主

母親が染織家で幼いころより草木染めや手織りが生活の中にあった。草木染めの魔法つかいのニックネームで、ハンサムなスタイルと、手織り、草木染めや糸紡ぎなど、染織まわりのいろいろなことについて発信中。染織&縫製・デザイン・販売その他担当。

猫好き。

草木の色と水の彩(くさきのいろとみずのいろ)は、草木染などで自然の色を扱う人=「草木の色」と、水彩で絵を描く人=「水の彩(いろ)」が一緒に作るお店という意味を込めた屋号です。

関連記事

Top PAGE TOP