引っ越しお知らせハガキなど

2018年5月11日

引っ越しお知らせハガキ。猫の手も借りたいくらいの荷物の量ですが、実際には、私たちが猫の手くらいのペースでしか動いていないかも。母のところに猫はいないのですが、うちで荷物を開けていると、2匹の猫さんたちが楽しそうに寄ってきちゃうのです。

 母が引っ越して来てから2週間以上経ち、昨日は新調した家電が、そして今日はベッドや本棚が入ります。やっと生活に必要なものがそろい、部屋もだいぶ片付いてきました。
 糸や布などの素材系の量が、想像をはるかに超えていて、さすがに整理整頓が大変でした。
 それでも、素材が増えてしまうのは物を作る人の性だし、染織が母の元気のもとだから、せめてできるだけ使い易いようにと考えて収納しました。
 糸にしても、着物の経糸用、緯糸用、ショール用、裂き織の経糸用、敷物用・・・、そして綿、絹、ウールと種類も多様。着物などは、着るためのものと素材用のものがある。本人はわかっているので良いのですが、今回私も一緒に一通り目を通せたので良かったです。
 うちにも母の織ったものや、布などが新たにやってきたので、それら用の場所を確保しつつ、我が家もしばらくは片づけと掃除に追われそうです。
 新作の製作と販売が滞ってしまっていますが、この機会にしっかりとお互いに家を整えて、6月には普段の生活に戻れるようにしたいと思っています。

Follow me!

☆この記事をシェアする☆

シェアしていただけると励みになります

カテゴリー

草木染めの魔法つかい SM

草木染めの魔法つかい SM

染織工房&手織物アイテム専門店「草木の色と水の彩」店主

母親が染織家で幼いころより草木染めや手織りが生活の中にあった。草木染めの魔法つかいのニックネームで、ハンサムなスタイルと、手織り、草木染めや糸紡ぎなど、染織まわりのいろいろなことについて発信中。染織&縫製・デザイン・販売その他担当。

猫好き。

草木の色と水の彩(くさきのいろとみずのいろ)は、草木染などで自然の色を扱う人=「草木の色」と、水彩で絵を描く人=「水の彩(いろ)」が一緒に作るお店という意味を込めた屋号です。

関連記事

Top PAGE TOP