棉の育て方

2017年6月5日

和棉の実。雨を避けて下を向いて実が付きます。

以前に作った棉の育て方のプリント。ご参考までに。

花はこんな感じです。

和棉というのが、あまり一般的になじみがないかと思ったので、以前に描いたイラストと、綿の育て方のプリントを載せました。
プリントには書いていませんでしたが、30㎝くらいまで大きくなったら摘心(先端を切ります)し、高さを止めて脇芽を増やします。
和棉を育てる機会はあまりないかもしれませんが、ご参考までに。

Follow me!

☆この記事をシェアする☆

シェアしていただけると励みになります

カテゴリー

草木染めの魔法つかい SM

草木染めの魔法つかい SM

染織工房&手織物アイテム専門店「草木の色と水の彩」店主

母親が染織家で幼いころより草木染めや手織りが生活の中にあった。草木染めの魔法つかいのニックネームで、ハンサムなスタイルと、手織り、草木染めや糸紡ぎなど、染織まわりのいろいろなことについて発信中。染織&縫製・デザイン・販売その他担当。

猫好き。

草木の色と水の彩(くさきのいろとみずのいろ)は、草木染などで自然の色を扱う人=「草木の色」と、水彩で絵を描く人=「水の彩(いろ)」が一緒に作るお店という意味を込めた屋号です。

関連記事

Top PAGE TOP