ハンサムなスタイル

ジャパンブルーは日本のハンサムカラー。りりしさや粋を感じる、藍色使いのハンサムスタイル。

深みのあるブルーとベージュのチェックが印象的な、木綿のマフラー。 ハンサムなマフラーの店のロングセラーです。年配の方は若々しく、若い方は落ち着いた大人っほい雰囲気に。お出かけスタイルのワンポイントになる、ハンサムなスタイルのマフラーです。こちらの一番の魅力でもある藍染め見ついて紹介しています。

ハンサムなスタイル

色から考えるマフラー選びのワンポイント。&自然とつながる草木染めの魔法。マフラーにしてお届けします。

秋冬シーズンのマフラー選び、おすすめカラーとそれぞれの特徴をを紹介しています。コーディネイトのワンポイントにするか、なじませるか、お手持ちの服と合わせて考えてみてください。また、植物を使って糸を染める草木染めは、自然とのつながりが感じられる魔法のよう。薬草との共通点も魔法との関わりが?

Diary

【お知らせ】今年の秋も京都梅小路公園グリーンフェアは中止となりました。

コロナウイルスの感染拡大が続いている状況から、例年秋に開催されている京都梅小路公園グリーンフェアは春に続いて中止ということです。 残念ですが、またいつか心置きなく参加できる日を楽しみに、今できることをひとつづつ積み重ねていきたいと思っています。もし、イベントでこちらのコーナーに来ていただく予定があった方、よろしければお気軽にコメントやお問合せをよせてください。

染める・織る・diary

【ハンサムなスタイル】でイメージするもの。

イケメンに比べると、イメージとして一昔前の言葉にも感じるハンサムですが、最近では男性だけではなく、凛として男前な雰囲気の女性にも使われる言葉になりました。そして、ファッションだけではなく、インテリアなどでもハンサムな、とか、ハンサムスタイルという言葉を目にします。その言葉が示すものを見てみると、格好良くて、クール。メンズライクながら、カジュアル過ぎない大人な雰囲気といった共通点があるようです。草木の色と水の彩のイメージはまさにハンサムなスタイル。ハンサムな商品をお届けしたいと思います。

ハンサムなスタイル

草木染めの魔法つかい

糸紡ぎや草木染めをしていると、まるで「魔法使いみたい。」と思うことがあります。なので、肩書を「草木染めの魔法使い」にしました。植物からこのようにいろいろな色が出る不思議で素敵なことを本当はもっとお話ししたいのです。草木染めや糸紡ぎが魔法に通じると感じるわけを少しお話しています。

染める・織る・diary

今年も棉の種をまく季節です。

GWから梅雨が始まるまでの間が、棉の種をまく季節になります。プランター栽培の我が家でも、鉢植えを整理して種をまく準備をしています。

Diary

ネットショップをオープンしました。

ネットショップをOPENしました。こちらのHPからもお買い物ページに行くことができます。まだ品数は少ないですが、よろしければご利用ください。

Top PAGE TOP