プランターで和棉を育てる -古い種から芽が出ました

思ったよりたくさん発芽

間引かないといけません

棉の種。茶色いのは茶棉の種。自然の色です。

毎年、プランターに和棉の種を蒔いています。
わたにもいろいろ種類があって、よく知られているのは丸い実が上を向いて生るコットンボール。和棉は、雨の多い日本の気候に合わせて進化したものらしく、下を向いて実が生るのが特徴です。
霜の心配がなくなったらまき時ということで、ゴールデンウィークから梅雨が始まるまでの間に蒔いています。ただ、去年は手抜きをしてちゃんと間引いたり摘芯をしなかったので、小さな実しか生らずに種も小さなものしかとれませんでした。
一応まいてはみたものの、案の定芽が出ず、どうしたものかと思っていました。
以前は、母が綿の畑を作っていて、そちらから実やら種やらいろいろもらっていたので、種もまくところが足りないくらいだったのですが、ここ何年かはプランターで育てて種を取っていました。古い種はたくさんあるのですが、棉の種は古くなると、すごく発芽率が落ちるらしいのです。
ちゃんと育ててあげればよかったなぁ、と反省してもあとの祭ですが、ダメもとで古い種をまいてみました。発芽率が悪いと聞いていたので、もう、ほとんど出ないだろうと思って、土の上に敷き詰めるくらい種を敷いて、土をかけて水をかけるという、あらっぽいやり方でしたが、一週間ほどしたらなんと!芽が出てきたのです。意外とたくさん。
他のプランターに移植したいところなのですが、棉は移植も嫌いらしいのです。
でも、だめかもしれないけど、やらないよりはやったほうが、可能性があるわけですし、空いているプランターに移してみようかと思います。
もう一鉢、種を蒔いていたのですが、そちらはまだ1本くらいしか芽が出ていません。日当たりが若干悪かったのかもしれないのですが、微妙な条件の差でしょうか。
種があまり一般的に流通していないので、今年はちゃんと育てて、来年のためにしっかり種を取りたいと思います。

Follow me!

プランターで和棉を育てる -古い種から芽が出ました” に対して1件のコメントがあります。

  1. けしごむ より:

    綿というと丈夫なイメージですが、意外とデリケートなんですね
    驚きました(+o+)
    来年につながる楽しみが出来ましたね(^_^)

  2. coo より:

    コメントありがとうございます。

    そうなのです。意外とデリケートなようなのです。

    あと、茶色い綿や緑の綿もあるのですが、離して植えないと、混ざったような色の実ができてしまったり…。

    暖かいと冬を越すみたいなのですが、この辺りだとめったにないので、また種が採れるように、元気に育ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA