小さな織り機で織ったものをアクセサリーに。

細いものを織るのが得意そうな機織り機です。

紐というか、2cm四方程のサンプル織がたくさんできました。

試しにペンダントヘッドにしてみました。

 家の小さい織り機で、小さいものを織っています。母の大きな織り機には及びませんが、一応そうこうが4枚あり、糸の準備の仕方や織り方等を家でも練習することができるので。経糸と緯糸の組み合わせで、どんな布になるのか、いろいろな糸を通しては織ってみています。私なりに、少しずつ糸と仲良くなりたいと思っています。 
 私の小さい機織り機は、やり方によっては40cmくらいの幅のものまで織ることができるかな、と思うのですが、今付いている筬(打ちこむ部分)がMAX10cm幅程なので、紐状の細いものが得意そうです。
 2cm四方程の小さくてかわいい布がたくさんできたので、何かに使ってみたくなりました。
 まず思いついたもの。リボン留め金具を付けて、ペンダントヘッドにしてみました。以前にレースのモチーフや、竹細工、陶芸や漆細工などのアクセサリーを見たことがあって、織物で作っても可愛いかもしれないと思っていたのです。
 写真の右側のものが第1号。シルバー色の極細革紐と金属ビーズでシンプルにまとめてみました。左側が第2号。ペンダントヘッドが軽すぎると、ネックレス自体が回ってしまって中心がずれるので、中心に少し重さをプラスしてみました。ナチュラルな色の極細革紐と金属ビーズ、さらにヘッドと色を合わせたビーズもプラスして、落ちついた色合いながら少しかわいいものができました。
 試作品なので、私と母がそれぞれしばらく使ってみます。母は、第1号のシンプルな方を持って行きました。こちらは金属と革紐の組み合わせがちょっと男前な雰囲気もあり、アクセサリーを普段あまり使わない人にも使いやすいかもしれません。
 
 いずれ販売できたらいいなと思っています。買ってきた布等ではできない、自作の布ならではの形を目指します。

Follow me!

小さな織り機で織ったものをアクセサリーに。” に対して1件のコメントがあります。

  1. けしごむ より:

    こんにちは♪
    こうやって、織る所を写真で見られると臨場感があって、なかなかいいですね(^_^)

  2. coo より:

    けしごむ様

    コメントありがとうございます。

    紐を調節したり、油を差したり、小さな織り機もやっと少しずつ馴染んで使いやすくなってきました。それでも、糸を巻く棒のところのパーツに菜箸?が使われていて、なんか使いにくいので、今日はそのあたりを使いやすくカスタマイズ中です。

    もう少し使いやすくなったら、もっといろいろなものを織ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA